暦法研究家
象英塾塾長
NPO法人論語普及会
安陽周易研究会顧問

自然と ともに 生きる

井上象英 代表執筆作

著書一覧


【最新】第二巻 6月2日発売!詳細はこちら

旧暦では梅雨が明け、夏の暑さが始まるころ。
田んぼの水が涸れた状態を言い表して“水無月”との呼称がついたといわれています。
しかし実際はまだまだ梅雨半ばの時期。
田んぼには豊かに水が張られ、まるで“水張月”のようです。

※画面に表示されていない日付の音声は右側のバーをスクロールしていただくと下にございます。

今月の動き(令和6年6月)

日本の至る所で田植祭りが開催され賑やかな6月。田植えが済んで田ごとに水を張る「水無月」(諸説あり)ですが、梅雨期にも入るので不思議な話です。しかしこれは旧暦での呼び名。今の暦では7月下旬頃に当たります。そして「夏至」を迎え夏越の祓いになります。

今月は五日の芒種の節より月命庚午・一白水星の星盤になります。干の庚は金の兄で陰気の始まりですが収穫を迎えた実りの時期を指す。また草木が十分に成熟して変化変貌して行こうとする貌。

支の午は昼の十二時を指し太陽を象徴しますが、十と一は陽気で1は下からの突き上げる陰気。「忤」(さからう)の意味と、地表を突き破ろうとする勢いを指す表意文字。

また、九星は一白水星。卦象は「水」を表し卦徳は「陥る」です。地表に湧き出る水も高き所から落ちる性質と方円の器に従う流動性を特徴としています。象形は「庚庚として實る」庚でも「經・徑」の意味があります。問題多発の政界も新しい流れの中でたどるべき道を模索の時かも知れません。経済界での主役達も激変にどこまで耐えれるか、同気同類は相求めあってやがて一件落着かも。お中元商戦は何時になく活気が戻る暗示です。自然界は暴風雨や台風被害、海難事故、蒸し暑さからの熱中症による体調異常に注意を。

暗剣殺:北方

強運ランキング
【1位】九紫火星
【2位】二黒土星
【3位】三碧木星

九星ごとの今月の運勢

         
         
         
         

詳しくはこちら

error: