1. HOME
  2. 活動報告
  3. 象英だより【活動報告】
  4. 【2016年01月】平成28年1月の行事

【2016年01月】平成28年1月の行事

1月19日、20日、それぞれ東京三鷹ロータリークラブ、東京お茶ノ水ロータリークラブ様のお招きにより、卓話として平成28年の暦・丙申の干支についてお話しさせていただきました。

暦学としての干支解説、この古より伝わる暦学が、現代においても政治・経済・社会の針路を示し、過去の丙申の年の傾向、また、今年起こるであろう様々な現象について解説、ご説明申し上げました。

ご聴きいただきました皆様にとって、今年一年の指針となれば幸いです。1月23日には、致知出版社主催「~人間力を高める~新春特別講演会」に参加させていただきました。

福島 智先生(全盲ろうの東京大学教授)による「ぼくの命は言葉ともにある」、樋口武男先生’大和ハウス工業会長兼CEO)による「熱き心が人間力を高める」、藤尾 秀昭様(致知出版社社長兼編集長)のよる「先達に学ぶ」、を拝聴いたしました。

各先生方の含蓄のあるお話に感激、とても勉強になりました。なお、懇親会では、雑誌「致知」の運勢欄を担当させていただいておりますご縁にて、新年の鏡割りのお手伝いをさせていただきました。

とても栄えあること、感謝申し上げます。

1月30日は、国際ロータリー第2750地区 2015-16年度 第4回RYLArianの集い <集いテーマ>持続と還元 ~リーダーとして生きるRYLArian~にRYLA委員会委員長として参加させていただきました。熱意あふれるパネルトーク、参加者によるグループトーク、並びに和気あいあいとした懇親会など、とても嬉しく思い、同時に委員長としての重責に身がしまる思いでした。

さて、1月31日には、新年講演会をホテルニューオータニ ガーデンタワー40階「ベッラ・ヴィスタ」にて開催させていただきました。昨年の新年懇親会の後、「象英会」を休会させていただく旨、皆様にはご報告申し上げておりましたが、新年講演会を是非とも開催して欲しいとの皆様のご要望により、今年も開催させていただくことになりました。

当日は七十余名の方々がご参加され、およそ1時間にわたる講演を熱心にお聞きいただき、その後昼食親睦会をお楽しみいただきました。

皆様の、今年一年のご多幸を願ってやみません。

関連記事

error: